更新情報

2015-07-30
テクニカルツールにもまた色々なものがありますの情報を更新しました。
2015-07-30
自分の得意なテクニカルツールの情報を更新しました。
2015-07-30
パフォーマンスが良いのか否かの情報を更新しました。
2015-07-30
未来においても通用するとは限らないの情報を更新しました。
2015-07-30
ミラートレードと呼ばれるものの情報を更新しました。

最近良く聞くシステムトレードって何?

サラリーマンとしてある程度仕事の経験を積み増すと、今度は部下を使う事になります。
仕事というものが自分一人で全てを処理できれば良いのですが、あいにくそれは難しいケースが多いです。
会社というものは従業員が多数いるものです。そのため部下に自分の仕事を代行させるのも重要な要素と言えます。

そして部下を管理するのは、また色々な大変な要素があると思います。
自分1人で仕事をするよりは、やはり部下の力を借りた方が多くの事を成し遂げられるものです。
たとえばどこかに大量の資材でも有り、どこかに移動しなければならないミッションでも考えてみましょう。
自分1人ではその大量の資材を動かすのは困難ですが、多くの部下の方々に手伝ってもらうというやり方などもあると思います。
それを効率よく行うために、上司としては部下をしっかりと管理するのも仕事の1つです。
したがって時には自分で物を動かす事をせず、運搬はあくまでも部下に任せる事なども必要になってくると思います。
ところで最近マネックスFX口座開設前に見る評判・口コミ情報でよく耳にするシステムトレードというのは、この部下を使う事似ている一面があるように思います。
あとで説明しますが、ストラテジーと呼ばれるものを管理する辺りなどは似ていると思います。
システムトレードというのは一定のルールに基づいて淡々と機械的に売買をしていくものです。
感情に左右されにくいなどのメリットがあるシステムです。
以下においてはサラリーマンが部下を使う事と比較をして、このシステムをご紹介したいと思います。

ルールに基づいて行われるシステムトレード

先ほども少し触れましたが、会社には色々な方々がいらっしゃいます。
会社の規模によっても「色々」の程度が異なると思いますが。

従業員の会社が多いところは本当に多いだろうと思います。
そして人数が多いという事は、もちろんそれぞれ独自のルールを持っているものです。
ご存じのように人々には個性があります。たまに突拍子もない行動をする方もいらっしゃいますが。
多くの方々がいらっしゃるという事は、それぞれ独自の強みや弱みなどがあります。
仕事の処理をする手法なども人それぞれです。
システムトレードというのは、このように個性豊かな部下を使う事と少し似ています。
システムトレードの多くにおいては、いわゆるストラテジーと呼ばれるものを用いるケースが多いです。
ストラテジーというのは、売買をするためのルールのようなものです。
上記で申し上げた部下の方々は、それぞれ独自のルールに基づいて仕事を処理しているものです。
基本的にシステムトレードは機械的に行います。
その機械的な作業は、全て独自のルールに基づいています。
機械的に行いますので、多くの場合は自動売買を採用しているケースが多いようです。
実際多くのFX会社のホームページでシステムトレードを採用しているのですが、その多くは自動売買を採用しているケースが多いです。
ただし全てのシステムトレードが自動売買というわけでもないようです。
中には手動で行う場合もあります。ただその場合も一定のルールに基づいて行うケースが多いようです。
何はともあれ肝心な事は、システムトレードはルールに基づいて機械的に売買するという点です。


ページ上に戻る